HIFU(ハイフ)ウルトラセル

切らないフェイスリフト HIFUウルトラセル

切らずにリフトアップできる最新のたるみ治療機器『ウルトラセル(ULTRAcel)』なら、たるみの原因となる深層の脂肪層やSMAS筋膜に効果的にアプローチしてたるみやシワのケアを行います。 従来のハイフと比べて痛みも軽減しているので、痛みが苦手な方にもお勧めの施術です。

皮膚表層から深部組織の構造と老化

表皮

角層に近い皮膚の外側の層で、メラニンが蓄積されてシミが出たり保湿が足りないと乾燥します。

真皮乳頭層

コラーゲンやエラスチン繊維からなる薄い層で、老化による小じわや毛穴の開きの原因となります。

真皮網上層

厚みのあるコラーゲン繊維やエラスチン繊維の層です。皮下脂肪が重力で垂れるのを張力で支えているそうです。廊下によってたるみの原因になります。

皮下脂肪

お顔の脂肪は年齢とともに下垂して下へと移動していきます。特に額やこめかみ、頬の脂肪はだんだんと減っていき顎周りやほうれい線の脂肪は残ることでほうれい線やたるみの原因になります。

SMAS筋

皮下脂肪の下にある組織で、SMAS筋から真皮に向かってレチナキュティスという杭(くい)が伸びて皮膚が垂れるのを防いでいます。年齢とともに、レチナキュティスは弱くなっていきその結果として皮膚が垂れる原因となります。これがたるみの原因の一つと考えられます。

このような方にお勧めの施術です

  • 目元や口元の小じわ
  • ほうれい線
  • まぶたのたるみ
  • 肌のハリ
  • 毛穴の開き
  • フェイスラインをすっきりさせたい
  • 首のシワ
  • たるみ
  • 眉毛下垂

HIFU ウルトラセルとは

HIFU治療器は様々な種類がありますが、当院では肌を傷つけることなく皮膚層や脂肪層、SMAS筋膜に熱影響を与えてたるみを改善させるウルトラセルを導入しています。ウルトラセルは、高周波(RF)と高密度焦点超音波(HIFU)が皮膚層や脂肪層、SMAS筋膜まで熱作用を届けることでダウンタイムがなくシワやたるみに効果のある治療を行うことができます。

皮膚は熱によるダメージを受けると自然治癒力の働きによって周布の過程でコラーゲンを生成します。コラーゲンが増えることで、緩んでいる肌が押し上げられてシワやたるみを改善してハリのある美しい肌を取り戻すことができます。
元々は、がん治療のために開発されたHIFU治療ですが、現在では前立腺がんや結石治療などあらゆる医療現場で用いられています。

皮膚と筋肉の間には、「表皮」「真皮」「皮下組織」「筋膜」と呼ばれる層があり、超音波が狙った層にアプローチするため皮膚表面や周辺には影響がなく安全な治療法です。従来のたるみ治療では、到達することができなかったSMAS筋膜層まで熱エネルギーを届けることが可能となりました。フェイスリフトの治療でアプローチする深い層(SMAS筋膜)まで届くので、HIFUは切らないフェイスリフトと呼ばれています。

ウルトラセルの3つの機能

患者様のお悩みに沿って、どの組織にどの程度の熱作用を加えれば、より高い効果を得られるかを考慮して照射方法や出力を決めていきます。

①HIFU

高密度焦点式超音波(HIFU)で、アプローチする層に限局して熱作用を加えていきます。ウルトラセルは、皮下4.5mm、3.0mmの深さを選択して脂肪層やSMAS筋膜層に超音波を照射していきます。
FUSは、コラーゲン収縮効果と創傷治癒反応によるコラーゲン再構築作用によって10か月~1年ほどリフトアップ効果が期待できます。

②GFR

真皮層と脂肪層(皮下2.5~3mm)、レチナキュティスに高周波を照射して熱作用を与えていきます。格子状に照射していくので、表皮層へのダメージを抑えて真皮層の中で熱作用の効果が広がっていきます。また、他のHIFU機器と比べて施術中の痛みが抑えられています。
GFRは、コラーゲン収縮効果と創傷治癒反応によるコラーゲン再構築作用によって6か月~1年ほど皮膚のシワやハリ、たるみの改善などの効果が期待できます。

③SRR

ノンニードルタイプの電極を用いて高周波(RF)を表皮から真皮上層に照射してコラーゲン繊維の増殖と皮膚のターンオーバーを促していきます。
SRRは、目元の小じわや毛穴の引き締め、肌のハリアップに効果が期待できます。効果を持続させるために、1~2か月に1度の照射を推奨しています。

比較

  HIFU イントラジェンGFR イントラセルSRR
効果・適応 筋膜のリフトアップ
軽度のたるみ
フェイスライン
ほうれい線
小じわ
軽度のたるみ
フェイスライン
肌のハリや艶
ほうれい線
目元の小じわ
軽度のたるみ
開いた毛穴
ニキビやニキビ跡
肌質の改善
アプローチ層 表在性筋膜、脂肪層 真皮層~脂肪層 表皮~真皮層上層部
メリット メスを使わずに深い筋膜層からリフトアップすることができます。ダウンタイムもほどんどありません。他の治療との併用も可能です。 表皮に傷をつけることなく真皮層までエネルギーを届けることができます。ダウンタイムもほとんどありません。 ダウンタイムがほとんどありません。
デメリット HIFUの施術中、特にフェイスラインの照射時に痛みを感じやすいです。 たるみの程度によって、得られる効果には個人差があります。 施術した直後に若干赤みが出ることがあります。
持続期間 照射して半年~12か月程度 照射して3~6か月程度 照射して3か月前後

料金

HIFE(ハイフ)、GFR
全顔 80,000円
顔中部&下部 65,000円
目元GFRアイ 30,000円
ハイフ中部下部+GFRセット 100,000円
SRR鼻だけ 15,000円
GFR全顔 50,000円

※すべて税別となります。

所要時間・治療時間

お選びいただくメニューによって多少施術時間が異なりますが、目安として1時間から1時間半ほどとなります。
当院が初めての方や、カウンセリングの長さによって時間が長くかかる場合があります。お時間に余裕をもってお越しいただけるお日にちでご予約をお取りいただくようにお願い致します。

ダウンタイム・痛み

ダウンタイムはほとんどありません。 熱刺激によるダメージによって、照射部位に熱を持ったり多少赤みが出る場合があります。赤みは施術後2時間程度で落ち着いていきます。
稀に、2~3日程度、赤みが弾かない方もいらっしゃいます。響くような鈍痛を感じる方もいらっしゃいますが、従来のhifuと比べて痛みや鈍痛は格段に軽減されていますのでご安心ください。
施術直後に、メイク直しも可能です。

効果・持続期間

以下は、目安となる効果の持続期間です。個人差がございますので、詳しくはスタッフまでご相談ください。

  持続期間
全顔(額~目の周辺) 6か月
両頬+顎下 6か月
目元 3か月

HIFU施術の流れ

ご予約

まずは、ご希望のお日にちでご予約をお取りください。
洗顔スペースもご用意しているので、メイクをしたままご来院いただけます。
他院にて外科的なタイトニング治療を受けられた方、金の糸を入れている方、フェイスリフトをされた経験がある方、ボトックスやヒアルロン酸注入を行った直後の方は、カウンセリングの際に必ずお申し出ください。

スタッフとのカウンセリング

経験豊富な当院スタッフとのカウンセリングの際に、治療内容を詳しくお伺いします。
不安やお悩み、不明点、ご希望などお気軽にご相談ください。

医師とのカウンセリング

経験豊富な美容皮膚科医が、直接カウンセリングを行います。
施術に関して丁寧にご説明いたします。

施術開始

治療用ベッドに横になって頂き、HIFUの施術を行っていきます。
施術の合間に痛みが出ていないか等、しっかり確認しながら行っていきますのでご安心ください。
完全個室なのでリラックスして施術が受けられます。
施術時間は、照射範囲によって異なります。

パウダールームへご案内

HIFUの施術は、直後からお化粧直しが可能です。

お会計

受付で、お会計を済ませたら終了です。
HIFUは、継続して行うことで効果を長く持続することができます。次回の予約も、お会計の際にお取りいただくことをお勧めしております。

よくある質問

HIFUはどのような人に向いていますか?

シワ、たるみ、ほうれい線、フェイスラインなどのお悩みをお持ちの方にお勧めの施術です。FUSはリフトアップ、GFRは毛穴の引き締めや小じわの改善に効果があります。

ダウンタイムはどのくらいですか?

HIFUのダウンタイムは、ほとんどありません。施術後からメイクが可能です。稀に、赤みを伴うことがありますが数日で消失していきますのでご安心ください。

痛みはどのくらいありますか?

痛みの感じ方には個人差がありますが、HIFUの施術では熱感を感じる方が多くいらっしゃいます。ほとんどの方は麻酔無しで施術を受けられるほど痛みはほとんどありません。痛みに弱い方は、事前にご相談いただければ塗る麻酔を使用して施術を行うことも可能です。

1度の施術でどのくらいの時間がかかりますか?

施術の内容や照射範囲によって異なります。目安として30分〜60分ほどみて頂ければと思います。

日焼けしている場合、施術はできますか?

HIFUは、肌の色に関係なく施術が可能です。日焼け直後は、皮膚が熱をもっているので副作用が起こるリスクが高くなります。日焼けをしてしまった場合は、少し落ち着いてから施術を受けましょう。

TOPへ